不健康おじさんの健康ニュース

タバコと、お酒が好きな56歳のおじさんです。 タバコとお酒は体にはあまり良くないので やめたいですが、やめれない。 献血とパソコンが趣味の私が、 自分の健康のために、勉強した事を、 皆さんに教えたいと思っています。 そんな不健康おじさんのブログです。



    (出典 cdn.wiki.famitsu.com)



    1 ばーど ★ :2018/01/11(木) 19:17:06.77

    日本経済新聞 2018/1/10 15:30

    コロプラは10日、主力のスマートフォン(スマホ)向けアプリゲーム「白猫プロジェクト」に関連し、任天堂から特許侵害の訴訟を東京地裁に提起されたと発表した。
    任天堂は同ゲームの差し止めと44億円の損害賠償、遅延損害金を求めているという。

    訴訟の提起は2017年12月22日付。コロプラの発表によると、16年9月に任天堂から同社保有の特許権を侵害すると指摘があったという。
    1年以上にわたり、特許侵害を侵害していないとの説明してきたが、折り合わなかった。

    2018/1/10 15:30
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25501230Q8A110C1000000/

    ★1が立った時間 2018/01/10(水) 16:02:52.39
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515652829/


    【【経済】「白猫プロジェクトは特許侵害」 コロプラ、任天堂から賠償請求★6 】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 ばーど ★ :2018/01/11(木) 19:10:50.90

    防衛省は11日、沖縄県・尖閣諸島の大正島周辺の領海外側にある接続水域を、潜った状態の外国の潜水艦と中国海軍の艦艇が航行するのを確認した。いずれも同日午後、接続水域を出た。防衛省は潜水艦も中国軍とみて、海上自衛隊が情報収集と警戒監視に当たった。潜航した外国の潜水艦が日本の接続水域に入ったのは2016年2月以来で、尖閣諸島周辺では初。.

    首相官邸は危機管理センターの情報連絡室で情報を収集、分析。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は11日、中国の在日大使館幹部に抗議した。

    防衛省によると、潜水艦は10日午後から11日午前にかけて、沖縄県の宮古島東北東から北北東にかけて接続水域内を北西に進み、11日午前には尖閣諸島の大正島北東の接続水域に入った。潜水艦は国籍を明らかにしていない。また中国海軍のフリゲート艦1隻も11日午前に大正島北東の接続水域に入り、潜水艦とフリゲート艦は同日午後、接続水域外に出た。

    いずれも領海には入っておらず、接続水域の航行は国際法上の問題はない。.

    ■日本政府の中国への抗議を受け入れない姿勢示す
    .
    中国外務省の陸慷報道局長は11日の記者会見で、中国海軍の艦船が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に入ったことについて「海上自衛隊の艦艇2隻が接続水域に入り、中国海軍が日本側の活動を追跡、監視した」と主張した。さらに「釣魚島(尖閣の中国名)は中国固有の領土だ」と強調し、中国側の行動を正当化した。.

    また「日本側の行動は釣魚島が中国に所属するとの客観的な事実を変えることはできない」と述べ、日本政府の中国への抗議を受け入れない姿勢を示した上で、日中関係改善に向けた努力を日本側に促した。(共同).

    配信2018.1.11 17:50
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/photo/story/news/180111/sty1801110016-n1.html

    関連スレ
    尖閣接続水域に中国軍艦と国籍不明の潜水艦=政府発表 [1/11] ★4
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515663183/
    【外務省】中国に抗議 軍艦の尖閣諸島接続水域に入域で
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515654227/


    【【中国】尖閣接続水域に中国軍艦 日本政府の抗議を受け入れない姿勢示す 「釣魚島は中国固有の領土だ」と正当化 】の続きを読む



    1 あちゃこ ★ :2018/01/06(土) 13:05:31.73 ID:CAP_USER9.net

     紅組のトリを務め、女性歌手として史上初の紅白出場40回目となった石川さゆり(59)。富嶽三十六景の神奈川沖浪裏をバックに、富士山頂(?)から「津軽海峡・冬景色」を朗々と歌い上げた。
    一昨年から続く落選により出場39回で記録が途絶えた和田アキ子(67)が地団駄踏んで荒れる様が目に浮かぶようだが、石川自身にも忸怩たる思いがあったようで……。

     ***

    「NHK紅白歌合戦」における芸能記者の重要な仕事の1つといえば、本番の直前まで3日間に亘って行われるリハーサルと、囲み会見での取材である。

     今年は29日に、音合わせや、ステージ上の立ち位置などを確認し、30日に各アーティストが通しで唄うカメリハ、そして大晦日の本番前に通し稽古、といった具合である。その間、ステージ裏では、
    初出場組やその年の目玉、そしてトリ、大トリには、多くの記者が周りを固め、その年の最後の質問攻めをして仕事納めとなる。

     一方、NHK職員側は、次々と質問を浴びせる記者たちに、会見打ち切りを告げるのが仕事である。事実、昨年(2017年)末の「第68回NHK紅白歌合戦」ではX JAPANなどに多くの記者が取りまいて
    いたのだ。しかし、彼女の場合――。

    「みなさん、質問はございませんかあ」

     石川さゆりの隣でNHK職員が声を張り上げるが、数少ない報道陣から我先にという声は上がらない……2017年12月29日、リハーサルでの囲み会見のひとコマ。

     ようやく挙がった質問が、

    「トリ前が安室奈美恵さんですけど……」

     いかに石川本人に興味がないかわかろうというもの。取材に入った記者が振り返る。

    「いくら紅組のトリで、40回目と言われても、今回も『津軽海峡・冬景色』でしょ。正直言って、今さら訊きたいこともないですよ……」

    10回目の津軽海峡

    「今回も……」とはいっても、一昨年(2016年)は「天城越え」であり、彼女が「津軽海峡・冬景色」を紅白で2年続けて唄ったことはない。とはいえ、1977年の初出場で同曲を披露して以来、
    今回で10回目(「天城越え」も一昨年で10回)。

     これまで散々「またかよ!」と言われ続けた和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」ですら、6回しか(!)唄われていないのだ。

     しかも2007年からは、「津軽海峡」と「天城越え」とを交代交代で唄っているのだから、「またかよ!」という印象が強くなるのも仕方ないだろう。

     これには石川本人も同感のようで、

    「また『津軽海峡』だと思ってるでしょ。みんな質問なんてないのよ」

     と、一言。あきらめたNHK職員が「よろしいでしょうか……」と会見を打ち切ろうとしたその時、石川のプロ根性が疼いたようだ。去りゆく記者たちの背に向けて語り始めた。

    「あたし思うのよね。日本のポピュラーな歌になって、それを唄えるのは、なんて幸せ……。何回も唄わせて頂いてますけど、その時々で違う景色をお届けしたい」

     結局、それに対する質問も挙がることはなく、記者たちは解散。その場に残ったのは石川本人だった――。

     そんな様子を目にした、とある記者が呟いていた。

    「トリでこの扱いか……」

     紅白の出場歌手を選考するのはもちろんNHKだが、何を唄わせるか決めるのもNHKである。

     石川さゆりはといえば、「津軽海峡」や「天城越え」のみならず、CMで話題になった「ウィスキーがお好きでしょ」や「ルパン三世」のエンディング曲(「ちゃんと言わなきゃ愛さない」)、
    椎名林檎とのコラボ(「暗夜の心中立て」「名うての泥棒猫」)など、精力的な活動を見せている。「CMだから」だの「他局の番組だから」などとNHKが言っていたのは昔の話。いい加減、
    別の曲も唄わせてあげたらいかがだろうか。

    週刊新潮WEB取材班

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00010000-shincho-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00010000-shincho-ent&p=2


    【【芸能】「紅白40回出場」の大御所、石川さゆり“紅組のトリ”とは思えない寂しい会見、そのワケとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ