不健康おじさんの健康ニュース

タバコと、お酒が好きな56歳のおじさんです。 タバコとお酒は体にはあまり良くないので やめたいですが、やめれない。 献血とパソコンが趣味の私が、 自分の健康のために、勉強した事を、 皆さんに教えたいと思っています。 そんな不健康おじさんのブログです。

    ちょっと言いたい

    WS000002


    1 豆次郎 ★ :2019/06/21(金) 09:18:32.10

    2019年6月19日 17:36
     【平安名純代・米国特約記者】米オンライン軍事紙ディフェンス・ニュースは12日、米軍が保有する最新鋭ステルス戦闘機F35には「13の最も重大な欠陥」があると報じた。米海兵隊のF35Bには、飛行中に一定の速度を超えるとステルス性能を喪失する新たな欠陥などが見つかったなどと指摘している。


     同紙は、F35Bの超音速飛行が可能なのは短時間で、制限時間を超えると機体の損傷や、ステルス性の機能を喪失する可能性があるなどと伝えた。米国防総省はこの問題に対し、超音速飛行の制限で対応しようとしていることから、同紙は、根本的解決法を追求していないと批判している。

     また、ドッグファイト(空中戦)などの特定の操縦法の後、予期せぬ機首の上下変動が起こり、制御が困難となる恐れがあるほか、気温が約32度以上の暑い日に垂直離着陸を行う場合、機体を保つ十分な推力が供給できず、着陸が困難になったり、硬着陸する恐れもあるなどと伝えている。

     米国から同機を購入した諸外国が同機を運用する場合、秘密データが米国に自動的に送信されて、解除できないという重大な欠陥があるとも伝えた。F35は米軍嘉手納基地や普天間飛行場にも飛来している。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/434837

    ★1がたった時間:2019/06/21(金) 05:48:28.80
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561063708/


    【【ステルス戦闘機】F35に「13の重大欠陥」 高速でステルス性喪失、秘密データがアメリカに自動的に送信されて解除できないなど・・・】の続きを読む

    WS000001


    1 れいおφ ★ :2019/06/20(木) 10:05:42.20 ID:4QGn9jGO9.net

    6月20日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)は、
    今から10年前に逝去した女優・大原麗子さんの孤独死の真相に迫る。

    「テレビタレントイメージ調査」の女性部門で13度も1位を獲得、
    日本を代表する女優として順風満帆な人生を送っているかのように思えた大原さん。
    彼女がなぜ孤独死を迎えなければならなかったのか。

    番組では、大原さんが姉と慕い30年以上の付き合いがあった女優・浅丘ルリ子、
    大原さんにインタビュー経験のある芸能リポーター・前田忠明、
    そして大原さんの孤独死の第一発見者となった実弟・大原政光氏に話を聞く。
    さらにはフジテレビに残る大原さんの貴重映像などをもとに「人間・大原麗子」を浮き彫りにしていく。

    坂上は、大原さんがどんな人物だったのかを聞くために浅丘のもとへ。
    これまでいくつもの大原さんの追悼番組があったが、浅丘が自らの言葉で語るのは今回が初めて。
    大原さんは「私を5番目の妹にして」と浅丘のことを慕い、浅丘の父親の最期をみとるほどの付き合いだったという。

    今回のインタビューのために前日、過去に大原さんと結婚していた森進一に電話して大原さんとのエピソードを聞いたという浅丘は、
    大原さんと森の離婚の真相や大原さんの素顔について語る。

    また大原さんと森の離婚に関し、大原さんの実弟・大原政光氏から、大原さんが森の子供を妊娠し中絶したという、
    親友の浅丘さえ知らなかった衝撃の事実が明かされる。大原さんが中絶を決意した背景にあったものとは!?

    女優としてのキャリアを着々と積んでいた大原さんだが、
    20代の終わりに免疫システムの不具合から手足のマヒなどを引き起こす病「ギラン・バレー症候群」を発症してしまう。
    しかし、大原さんは1年間の療養で病を克服。
    現場復帰してからも『男はつらいよ 噂の寅次郎』(松竹/1978年)や『男はつらいよ 寅次郎真実一路』(松竹/1984年)などの映画や、
    大河ドラマ『春日局』(NHK/1989年)などに出演を果たす。

    しかし、50代を迎える頃には主演級のオファーが激減し、納得のいかない仕事は全て拒否。
    撮影現場でも監督に対してセリフのダメ出しをするなど、スタッフと折り合えない大原さんには、
    次第に業界内で「扱いづらい女優」というイメージが定着してしまう。

    女優としてのプライドを決して曲げなかった一方で、自身が老いていく現実も感じ取っていた大原さんは、
    53歳の時に左目の一重まぶたを二重まぶたにする整形手術を受けるが、術後にまぶたが腫れ上がってしまい完全に失敗。
    これは、知名度が高い大原さんが、整形手術したことが世間に知られることを心配し、名の通った病院よりも「モグリ」のような医師を選んだためだった。
    その代償は大きく、整形失敗を境に仕事は完全になくなってしまう。
    こうしてマネージャーや運転手などのスタッフが大原のもとを離れていっただけでなく、克服したはずの「ギラン・バレー症候群」も再発。
    さらにこの頃、母親の介護も重なり、彼女は追い詰められた結果、そううつ病まで患うことに。
    複数の薬を大量に摂取したこともあってか体と心の調子を崩し、自宅に引きこもる生活を続ける。

    いつしか大原さんは、友人や仕事関係者に時間を問わず電話をかけ「なぜ自分を(映画やドラマに)使わないのか」などと悪態をつくような状態に陥る。
    これには親友である浅丘も「優しかった麗子がどうしちゃったの?」と心配しつつ、距離を置かざるを得なくなるほどだったという。
    前田は「自宅に取材に来い」と呼び出されといい、当時の大原さんを「完全に普通じゃなかった」と語る。
    番組では、前田が大原さんの自宅を取材した時の映像を特別に公開する。

    こうして芸能界で孤立してしまった大原さんに救いの手を差し伸べたのが、1973年に結婚した最初の夫である俳優の故・渡瀬恒彦さん。
    (中略)
    番組では、大原さんと渡瀬さんが新婚当時に渡瀬さんの地元・淡路島で仲むつまじく過ごす様子をとらえた超貴重映像も公開する。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16647456/

    大原麗子さん

    (出典 image.middle-edge.jp)


    (出典 i.pinimg.com)


    (出典 up.gc-img.net)


    (出典 spam8888.com)

    https://news.livedoor.com/article/image_detail/16647456/?img_id=21456057


    【【芸能】女優・大原麗子さん、森進一の子供を妊娠し中絶していた…浅丘ルリ子や実弟らインタビュー 貴重映像も公開】の続きを読む

    WS000001


    1 ばーど ★ :2019/06/20(木) 12:01:25.11

    中国道でタンクローリー奪い逃走

    20日未明、兵庫県佐用町の中国自動車道で乗用車に乗った男が、タンクローリーを追い越して停止させたうえ、運転手を殴るなどしてタンクローリーを奪って逃げました。
    奪われたタンクローリーはその後、およそ7キロ先に放置されているのが見つかり、警察は男の行方を捜査しています。

    20日午前1時10分ごろ、兵庫県佐用町の中国自動車道上り線の佐用インターチェンジ付近で、30代くらいの男が乗った乗用車が前を走っていたタンクローリーを追い越し、進路をふさぐようにして停止させました。
    警察によりますと、男は路上に出て、棒のようなものでタンクローリーの助手席のガラスを割ったうえ、「俺の道路で何してくれるんや」などと言って50歳の運転手の男性を殴り、タンクローリーを奪って逃げたということです。

    運転手の男性は顔や足などにけがをしました。
    タンクローリーはその後、東へ7キロほど先の中国自動車道のトンネル内に放置されているのが見つかったということです。

    警察によりますと、男は身長1メートル70センチほどの中肉で、黒い上着を着ていたということです。
    警察は、タンクローリーが奪われた現場に男が乗り捨てていた岡山ナンバーの白い乗用車を調べるなどして、強盗傷害の疑いで男の行方を捜査しています。

    06月20日 11時34分
    関西 NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190620/2000016799.html
    ------------
    ■中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走

    20日午前1時10分ごろ、兵庫県佐用町の中国自動車道・佐用インターチェンジ付近で、タンクローリーの運転手から「男に殴られてタンクローリーを奪われた」と110番があった。運転手は顔などに軽傷。県警佐用署が強盗致傷容疑で逃げた男の行方を追っている。

    同署によると、同日午前1時ごろ、大阪市東淀川区の運送会社員の男性(50)がタンクローリー(最大積載量11トン)を運転して中国道を大阪方面へ走行中、前を走る乗用車が繰り返しブレーキを踏むなどして進路を妨害。ともに停車した後、乗用車から男が出てきて、タンクローリーの運転席の窓ガラスを棒状の物でたたき割った。

    更に男は「俺の道で何してくれるんや」と叫び、降りた男性の顔を手で殴るなどしてタンクローリーを奪って走り去ったという。

    男の乗用車は現場に残され、タンクローリーは約7キロ東の中国道で乗り捨てられていた。油や危険物などの積み荷はなかった。逃げた男は30歳くらいで身長約170センチの中肉。黒い上着を身につけていた。【藤顕一郎】

    毎日新聞2019年6月20日 10時21分(最終更新 6月20日 10時35分)
    https://mainichi.jp/articles/20190620/k00/00m/040/051000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    ★1が立った時間 2019/06/20(木) 10:43:34.62
    前スレ
    【兵庫】「俺の道で何してくれるんや」中国道で進路妨害してタンクローリーを停車させ、窓たたき割り運転手殴って強奪し乗り捨て 男逃走
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560995014/


    【【兵庫】「俺の道で何してくれるんや」中国道で進路妨害しタンクローリー停車させ、窓割り運転手殴り強奪、トンネルに乗り捨て 逃走中】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 みなみ ★ :2019/06/17(月) 19:33:35.90

    2019年6月16日 8時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/16626548/

    毎年春には多くの新社会人が働き出す。フレッシュな新入社員を見ているとこちらも元気が出てくるが、残念ながら困った新人も一定数いるようだ。キャリコネニュース読者からも新入社員についての回答が続々と寄せられている。

    「挨拶しない、ふてくされている、生意気、仕事にやる気がない、仏頂面」(30代女性、管理・事務職)
    「初出社当日に出社せず、その後も音信不通」(20代男性、技術職)
    「入社3時間でバックレされました」(20代男性、技術職)

    出勤後3分で退社する気ままな新人、数ヶ月も無断欠席中

    技術職として働く30代男性は、新人が就業中に自前のコーヒーミルでコーヒー豆を挽き始めたことに驚く。男性が「何をしているの?」と声をかけたところ、新人は、

    「コーヒー飲もうと思って。やっぱ挽きたてって全然味が違うんですよ」

    と、まったく悪びれる様子もない。プログラム開発をしているため、職場は静か。男性が音を立てないように注意したが、新人は「挽きたてじゃないと、一番美味しいのは飲めないんですよ」と、反省するそぶりはない。男性は

    「会社に何をしにきてるんだろうとメンバー全員で驚愕しました」

    と諦めている。

    販売・サービス業の50代女性は、勝手気ままな新人女性に頭を抱える。なんと数か月も無断で休む人がいるというのだ。

    「急に休んだにもかかわらず、次の日に一言の挨拶もありません。出勤後3分で帰ったこともあります。プライドだけが高くて扱いにくい」

    新人女性は現在も籍を置いているが、出勤はしていない。

    「好きなことだけをやって成功したいです。スティーブジョブズみたいに」

    クリエイティブ職として働く50代女性は、「朝、エレベーターで社内の人に会っても挨拶なし。電話に出ない新人に腹が立ちます」と怒りをあらわにする。

    以下ソースで読んで


    【【社会】驚愕!職場のありえない新人たち「挨拶しない、電話も出ない」「出社後3分で退勤、現在数か月無断欠勤中」】の続きを読む

    このページのトップヘ